お客様の声 60代の社員がRPAを習得し、年間1,150時間の業務時間を削減。 会津の町工場がRPA内製化に成功!

株式会社会津工場様

  • 業種自動車部品メーカー
  • 設立1977年
  • 本社所在地福島県
  • 従業員数150名
レイテクソリューションズの支援内容
RPAの導入支援
株式会社会津工場様 new

01 Background RPAを導入した背景

Background

間接部門の業務削減と経理と製造現場のコミュニケーションの円滑化が目的です。

 

製造業というのは文字通りモノを作ってなんぼの世界ですから、

製造効率をいかに上げていくか、というのが非常に大事です。

実際に、これまでも製造現場の効率化には、常に目を向けてきており、

それなりに効率化が進んできたと考えておりました。

 

一方で、経理などの間接部門には目を向けてきませんでした。

もしかしたら、ここに効率化の余地があるのではないかと

考え始めたのがキッカケです。

 

例えば、製造現場が製造記録を経理に共有し、経理が会計ソフトに入力する際に、認識の齟齬があり、双方が不必要な作業をしていました。

このような齟齬をなくすために、経理が事務作業を効率化して、空いた時間を使って製造記録をつける。

そうすれば、経理が製造現場を深く理解することができ、認識の齟齬がなくなり、製造現場の作業効率も向上するのではないか、と。

 

これがRPAを導入しようとしたキッカケです。

02 Hardship RPAを導入する上で苦労したこと

Hardship

悩んだのは、特定の誰かを完全にRPA担当と決め、
他の業務を外してしまうというのが、非常に難しかったことです。

 

そんな時にレイテクソリューションズさんのお話をお伺いしました。

最初に、レイテクの方がRPAによる弊社社員の業務時間の削減を実現し、その後、丁寧にRPAの指導もして頂けるという話でした。

これであれば、弊社社員が本業と兼任で、RPAを導入していけると考えました。

 

実際に、導入してから、期待通りに進捗しており、

本業と兼任でRPAを使いこなせる社員が数名できましたので、

とても感謝しております。

03 Effect RPAを導入した効果

Effect

支援開始から約9ヶ月で数名の社員がRPAをマスターできました。
60歳以上の私や部長でも、使いこなすことができています。

 

結果として、毎日30分かかっていた業務が1分もかからずに終了するという効果は

多く出ており、年間1,000時間以上の削減に繋がっております。

 

今では、経理の業務が効率化され、時間が空きましたので、製造現場に入ってもらっています。既に、業務フローの無駄が多く見つかり、改善されてきています。

 

例えば、今までは製造現場と経理で、独自で業務をしていたため、

2重3重で入力を行っていた業務が割と多くありました。

しかし、製造現場と経理の垣根がなくなったことで、

フローが一本化され、2重入力などの無駄な業務がなくなりました。

 

また、削減以外にも、各フローが整理され、判断基準が明確になった効果も感じております。

これまでは業務の組み立てを頭の中で行っており、非常に属人的でした。

ロジックを整理しないとロボット化ができないので、フローが明確化され、担当者の曖昧な判断がなくなりました。

これもロボット化の副産物だと考えております。

04 Optimization 自動化・効率化した業務例

Optimization

➣ 長期借入金のCSVを会計システムにインポート

➣ 売掛金のCSVを売掛表に転記

➣ 会計システムから売掛金のcsvエクスポート

➣ 給与データのCSV作成

➣ 仕入仕訳のCSVを会計システムにインポート

➣ 製品出荷台帳作成

➣ 製品出荷台帳のCSVを会計システムにインポート

➣ EDI受注情報転記  等

Contact デスクワーク業務を自動化し、
劇的にコスト削減&価値創造を
実現しましょう。